本文へジャンプ

ナビへジャンプ

  • open
    サイト内検索
    close
FASHION

金曜の夜はaggiiiiiii散歩 第12回:「ファッションウィーク in NYC! その①」

aginy

YO GIRLS!!! なんと今わたしは、ファッションウィークに参加するため極寒のニューヨークへやってきています。気温は連日氷点下。ひどいときには−16℃を確認! 「今日はあったかいな~」と思ってもどっこい−8℃だったりします。標準装備はお腹と腰にホッカイロをはりつけたヒートテック、Tシャツ、厚手のセーターに薄手のダウンジャケット、その上からさらにファーつきダウンコートとマフラーとニット帽、仕上げにコートのフードをすっぽりかぶってやっとよい具合。ボトムはデニムと厚手のウールソックス、ブーツの中にも靴用カイロを貼り付け、あとはタッチパネル対応の手袋があれば完璧。え、ドレスアップしなくていいのって? どうやらしなくていいみたいです。普通で。なにしろ体力のいる過酷な現場なので、セレブでもなんでもない我々は動きやすく、走りやすく、暖かい格好が最優先(編集長談)とのこと。地面はまんべんなく凍っていて、スケートリンクのように白い。

いや、ちょっと待ってちょっと待って。なんであなたがコレクションに? とお思いのみなさん。だよね! ですよね! わたしもそう思う! 次号準備を抱えて身動きの取れない編集部から「アギちゃん行ってみる?」とお話をいただいたときは、自分は本当に運だけは最強かもしれないと思ってふるえました。それからは右も左もわからない、期待半分、不慣れゆえの不安半分で準備をすすめる日々があわただしくはじまります。まずは各ブランドのPR担当者から届く山のようなメールをAnkaraumutgroupスタッフのHさんが振り分け、リストにして情報をくれるのですが、ぎりぎりまで確定しない事項がものすごく多いのですね。びっくりしたのが、もう2週間後に本番がせまっていても場所すら未定と言われたり、「fashion GPS」という専用アプリの使い勝手がさっぱりわからなかったり、ブランドごとに手続きの進め方や進捗度合いがそれぞれで、とてもじゃないけれどすべてを把握できない。こんなに大人になってもまだわからないことだらけなんてな……! 資料をながめていると『ファッション通信』の大内順子さんによるナレーション(「カルバン・クラインです」「ラルフ・ローレンでした~」)が脳内で勝手に再生されます。

さてそんな感じのまま、開幕からすこし遅れて2月14日の夕方にニューヨークに到着しまして、すでに現地入りしていたHさんと、V-GRAMMERでもある現地在住のフォトグラファー・加藤リサさんと合流し、どたばたのアギ散歩 in #NYFWがはじまりました。つづきはまた来週ね! Ankaraumutgroupのインスタグラムも随時アップしているのでよかったら見てください。それではみなさん、よい週末を!

 

 

Illustration : aggiiiiiii
*************************
aggiiiiiii(アギー)
兵庫県生まれ、東京在住。2007年よりオルタナティブカルチャージン『KAZAK』をはじめ、2013年にはソフィア・コッポラ監督『ブリングリング』のオフィシャルファンジンも手がけた。とりあえずなんでもDIYでやろうとする。旅行が好き。

FromVOGUE

https://progressive.ua

У нашей фирмы интересный веб портал , он описывает в статьях про Продать кукурузу в Крыму http://agroxy.com/
Поможем вам подобрать и http://biceps-ua.com/ у нашего менеджера.