本文へジャンプ

ナビへジャンプ

  • open
    サイト内検索
    close
FASHION

「25歳はこの1枚」VOL.16:「K-WAY」のパッカブルパーカ

9347パーカ 各¥11,000/ケーウェイ(ワイエスインターナショナル)

 

「K-WAY持った?」フランスやイタリアでは、雨が降りそうな日の朝、そんな会話が聞こえてくるんだそう。それほどポピュラーで、レインコートの代名詞とも言える「K-WAY」は、「防水加工をしたジャケット」として辞書にも掲載されているほど。

「K-WAY」が生まれたのは1965年のパリ。創業者であるLeon-Claude Duhamel(レオン・クロード・デュアメル)は突然の雨で濡れて走る人たちを見て、急な雨にも対応できるレインウェアを考案。これが「K-WAY」の始まり。コンパクトに折り畳めて、軽量だから持ち運びに便利。しかも完全防水な上にファッショナブル。そんな理想のレインウェアが人々を魅了するのに時間はかからなかった。瞬く間にフランス全土を席巻し、初年度にして25万着以上が売れるという大ヒット! 「K-WAY」は「傘を持って出かけること」、「これまでの重くて嵩張るダークカラーのレインウェア」からフランスを解放した。

その後も「K-WAY」は進化を続け、ヨット、スキー、登山など、過酷なシーンにも耐えうるアイテムとしてアスリートからの信頼も厚い。レインウェアの機能はそのままに、小さなヒップバッグに折り畳める軽いウィンドブレーカーとして世界中で愛され続けている。

今回紹介するLE VRAI CLAUDE 3.0というモデル。創業者レオン・クロードの名を冠した操業当時から変わらないオーセンティックなデザイン。普通、レインコートと言えば、耐水圧が1000mmあれば十分と言われている中、「K-WAY」は何とその20倍の耐水圧20000mm。しかも縫い目からの水の侵入を防ぐ加工もされていて、その防水性はお墨付き。また、同時に透湿性にも優れているため、汗をかいても外へ逃がしてくれて蒸れにくい。さらには強風でも暖かさを逃さず体温を心地よくキープしてくれる。と、その高い機能性を持った「K-WAY」は長時間の風雨の中でも大丈夫というから頼もしい。

いつもの通勤、通学ももちろんだけど、これからの季節の楽しみ、野外フェスの必需品になりそう! さあ、あなたも「K-WAY持った?」

PHOTO:SHINSUKE KOJIMA FASHION EDITOR : YURI ARAI

*************************
新居由梨
大手セレクトショップのPRを経てフリーランスに。様々な女性誌でファッションエディター、ライター、スタイリストとして活躍する他、広告、CM、ブランドディレクション、デザインの分野でも幅広く活動している。現在スタイリストアシスタント募集中!将来スタイリストを目指す方、下記アドレスまで履歴書、職務経歴書をお送りください。書類選考後、面接にお越しいただきます。 [email protected]

FromVOGUE

У нашей организации нужный веб портал , он рассказывает про готовые шторы для кухни недорого.
best-cooler.reviews/portable-freezer-fridge-from-world-famous-brand/

https://tsoydesign.com.ua