本文へジャンプ

ナビへジャンプ

  • open
    サイト内検索
    close
FASHION

金曜の夜はaggiiiiiii散歩 第43回:「New York’s Best Coffee Map」

こんにちは、アギーです! みんなは旅行にいくとき、どうやってプランを立ててる? わたしはいつも個人旅行なので、とりあえずはその街の名前で新規のgoogle my mapを作成し、ホテル、コーヒー屋、ごはん屋、洋服屋、美術館、本屋、公園など気になる場所にかたっぱしからピン(目印)をつけていきます。そしてそれを見ながら、どうしても外せないところを中心に、こことここは続けて行けるな~、などと効率のよいルートを考え、おおまかな地理感覚を事前に把握しておきます。

でもこのあいだの冬にNYFWに行ったとき、はじめてgoogle my mapのほんとうの便利さを実感しました!! NYFWではコレクションの前後にほんのすこしだけ時間があいたり、あるいは自分が今どこにいるかわからない(涙)ということもあったのですが、そんなときにスマホでmy mapを立ち上げると、今いる場所がすぐわかる上に、あらかじめ立てておいた数あるピンの中から、次の予定までの限られた時間でも行けそうなお店や、次の会場に向かう途中で寄れそうなお店を効率的にピックアップすることができたってわけです。タイトなスケジュールだったけれど、このアプリのおかげで行きたかったところにはわりと行けたなと大満足でした。

ところで最近知ったのですが、ニューヨークやロンドンの「コーヒー屋」「クラフトビール屋」「ハンバーガー屋」(ぜんぶ好きだわ)など、それぞれのジャンルに特化したマップ付きのiPhoneアプリがあるみたい。たとえばシリーズのひとつである「New York’s Best Coffee」というアプリは、ニューヨーク中にどんどんできるコーヒーショップのうち、なんと現在150店舗ほどをカバー。『ナイス・コーヒー・タイム』という著書をもつ、有名なコーヒー・ライターでアメリカのサード・ウェイブ・シーンのキーパーソンでもあるリズ・クレイトンが助言をしているというから、お店のセレクトもかなり信頼できると思われます。このアプリのおどろくべきところは、店の住所や営業時間はもちろん、豆のロースターやマシンのメーカー、豆を挽くグラインダーのメーカーまで当然のように書かれていること! へ、そこまで見る!?と思ってしまうけど、相当なコーヒーマニアも満足できるつくりになっているのはさすがですね~。

◾️ New York’s Best Coffee 2015 by Blue Crow Media

*************************
aggiiiiiii(アギー)
兵庫県生まれ、東京在住。2007年よりオルタナティブカルチャージン『KAZAK』をはじめ、2013年にはソフィア・コッポラ監督『ブリングリング』のオフィシャルファンジンも手がけた。とりあえずなんでもDIYでやろうとする。旅行が好き。

FromVOGUE

В интеренете нашел важный веб сайт на тематику http://askona.ua.
У нашей фирмы классный портал , он рассказывает про рынки ценных бумаг .
http://www.optiontradingstrategies.net