VOGUE- ankaraumutgroup.info GIRL- ankaraumutgroup.info LINE- ankaraumutgroup.info Twitter- ankaraumutgroup.info Facebook- ankaraumutgroup.info Pinterest- ankaraumutgroup.info Instagram- ankaraumutgroup.info mail- ankaraumutgroup.info

おしゃれ業界人のキャリアインタビュー[Vol.11Hana4さん/ネイルアーティスト]

おしゃれ業界人のキャリアインタビュー
LIFESTYLE/PEOPLE
SHARE

憧れのファッションやビューティ業界で活躍している女性達は、どんなプロセスを経て夢を形にしてきたのだろう? その足がかりを掴むべく、第一線で活躍している先輩方にこれまでのキャリアをインタビュー。Vol.11はビューティ業界の枠を超え、世界的に活躍しているネイルアーティストHana4さんにお話を伺いました。

ida_hana4_0

父の看病のために休職……。Hana4さんがネイルアーティストを目指した理由

まるで絵画のように繊細な筆致と美しく独創的なデザインで、さまざまな方面から注目を集めているネイルアーティストのHana4さん。ネイルをアートとして捉え、日本だけでなく世界中を舞台に活躍しているHana4さんだが、学生の頃からネイリストの道を目指していたのだろうか。

「それが全然違うんです。もともとはアーティストになりたかったので、大学は美術系の学部にいました。子供の頃から絵を描くことが好きで、本当は就職しないでそのまま大学院に進みたかったくらい。けれどなかなかそうもいかず、大学の頃にインターンをやっていた縁もあって、卒業後はアパレルブランドに就職してプレスをしていました。ファッションが好きだったということもあり、アパレルの仕事はとても楽しくて、毎日充実していましたね。けれど、父が病気になってしまって、その看病のため1年半ほど休職をしたんです。その後、父が亡くなったのを機に退職をし、ネイルの学校に通い始めました。同時にファッション雑誌の編集部で編集長のアシスタントも始めました。仕事をしながらの勉強はハードでしたが一流のファッション雑誌で見たものは今のネイルアートにも影響しています」

ファッションやビューティ関連の仕事が数多くあるなか、ネイリストの学校に通おうと思ったのはなぜ?

「手に職をつけたい、という一心でした。私はひとりっ子なので、会社勤めをしていた場合、もし母親が病気になったら面倒を見るために会社を辞めなければならないと思ったんです。苦労とは全く思っていないですが、父の看病を通してそういう経験を早い段階でしたので、自分個人でできる仕事を、技術を身につけたいと思いネイルの学校に通うことを決めました。また、闘病中の父が『自分にしかできないことをしてほしい』と言ってくれたことも後押しになりました。

ネイルの学校を卒業してネイリストになり、今はネイルアーティストという肩書きで活動をしています。ネイルアーティストというのは私が作ったもので、お客様への接客だけではなく、ネイルを通して自分で何かを作り出すということがメインの仕事です。ネイリストはやはりお客様が主体で、それはそれで素晴らしいけれど、私はもっとアートとしてネイルを捉えたかったんです。今はカタログや雑誌の企画によっては、全部自分でディレクションをして、キャスティングして、自分でできる範囲の体数だったら自分でスタイリングも組んでしまうし、アクセサリーも選ぶし、ハンドモデルも自分でつとめたりします。写真以外全部自分でやるみたいな感じですね(笑)。大変ですが、そうしないといいものが作れないし、私の世界観は出せないんですよね。ネイルは残せる仕事ではないので自分の想像を形に残すため、最近はネイル用品や雑貨のデザインなどもしています。

そう考えると、今までのファッションプレス、エディターという経歴が全て活きて今がある感じですね。“人生が自分を作っていく”じゃないですけれど、自分を構成しているものって、食べているものだったり会っている人だと思うんです」

続きを読む

FOLLOW US

Ankaraumutgroup の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!